コメディアンはウェイン・フェダーマンとともに王様、第 4 回ウェイン・フェダーマン国際映画祭

3 月 5 日から 8 日まで、ウェイン フェダーマン国際映画祭が、映画と楽しみが詰まった 4 年目で開催されます。ロサンゼルスのシネファミリー劇場で再び開催される今年のフェストは、前回よりもさらに楽しいものとなる前兆です。

ウェイン・フェダーマン - フェスト用の 1 枚のシート

ウェイン・フェダーマン国際映画祭とは何ですか?そうですね、これはコメディアンのウェイン・フェダーマンの発案です。ほら。ウェイン・フェダーマン。ベテランのコメディアン、俳優、作家である彼は、「ザ・トゥナイト・ショー」から「40歳の処女」、「ノックト・アップ」、「ニュー・ガール」、「カーブ・ユア・エンサージアズム」まで、さまざまな作品で目にしたことがあるでしょう。皆さんは、彼自身のスタンドアップ ルーチンや、「レイト ナイト ウィズ ジミー ファロン」の独白主任ライターとして彼の作品を聞いたことがあるので、彼が周囲の世界からどれほど影響を受けているかをご存知でしょう。誰もが何か、特にコメディアンに影響を受けています。彼らの血は、映画など私たちの周囲の世界からインスピレーションを受けています。そこで、この 2 つを 1 つのイベントに統合してみてはいかがでしょうか。そしてそれはまさにフェダーマンが自身の映画祭で行っていることだ。

フェダーマンは次のように語っています。「フェスティバルを開催する約 5 年前、私の友人が誕生日にシネファミリーを貸し出してくれました。それは「シンプソンズ」の脚本家であるロブ・コーエンという作家で、誕生日にそれを借りて、1966年の映画「バットマン」を見せてくれました。それで彼はその映画を友達に見せて、私たちは皆で彼の誕生日を祝いに来ました、そしてそれはとても楽しかったです!ここは素敵な小さな劇場です。とても素敵です。小さいですが、素晴らしい雰囲気があります。そして、死者の肖像画が並んでいます。映画を見ているときに、亡くなったサイレント映画スターに見つめられることほど快適なことはありません。 [笑い]'

写真提供者 ランディ・ペリー写真提供者 ランディ・ペリーウェイン・フェダーマンの写真 - 前年 1写真提供者 ランディ・ペリー写真提供者 ランディ・ペリー写真提供者 ランディ・ペリー写真提供者 ランディ・ペリー写真提供者 ランディ・ペリー

シネファミリーのアイデアを常に頭の片隅に置いて、次に芽生えたのはフェスティバルでした。 「4年前にこのフェスティバルのアイデアを思いついたとき、私の友人はシネファミリーで働いていました。そして私はこう言いました、「私にはこの考えがあります。」そこで彼女は、「ああ、これはうまくいくかもしれない」と思いました。 そこで私たちはそこのプログラマー、ハドリアンという名前の人に相談しました。 。 。ハドリアヌスは「そうだ、やってみよう」と思いました。私は 80 年代からコメディアンをやっているので、たくさんのコメディアンを知っています。そして私は、ラリー・デイヴィッドとスタンドアップをしたこともあれば、クメイルとスタンドアップをしたこともあり、その間の架け橋でもあると感じています。私はサインフェルドやその他のコメディアンに代わるコメディアンを演じてきました。だから、私が長年知っている人たちだけで、幅広いコメディアンの中から選ぶことができると感じています。私は常に若いものと年上のものの間でバランスをとるように努めています。」

「若さと年上」のバランスを取ることこそが、フェダーマンが今年もやっている事なのだ。過去のコメディキュレーターには、ビル・バー、サラ・シルバーマン、ギャリー・シャンドリング、ケビン・ニーロン、ニック・クロール、T.J.ミラーとマーガレット・チョー、今年のラインナップはさらに素晴らしいです。フェスティバルは3月5日午後7時30分にキックオフ。サーシャ・バロン・コーエンは、ミカエル・ナイガードの素晴らしく面白い「クラウン」という映画のインスピレーションを得ています。 (フェダーマンによると、私の今年の個人的なお気に入りの 1 つは、お土産の「クラウン」下着は映画鑑賞者が着用するためのものだそうです!) フライデーは、ダグ ベンソンの映画中断で「ティファニーで朝食を」を見つけました。ユニークなコンセプトのベンソンと数人のコメディー仲間が、実際のディスカッションやコメディーの解説のためにさまざまなポイントで映画を止めます。彼らが映画の中でミッキー・ルーニーの役をどうするかを見るのが待ちきれません。今年はまた、ポール・シェーアの「ゴーストバスターズ」、クリス・ハードウィックの「フレッチ!」、ウィル・フォルテの「マックグルーバー」、ローレン・ラプカスの「ビッグ」、クメイル・ナンジアニの「ザ・ディセント」でホラー路線の映画も上映される。多彩なラインナップ間違いなし!

フェダーマンは、各コメディアンが非常に個人的な選択をしているという事実だけでなく、フェスティバルが上映のためにそれぞれのコメディアンの希望するプリントを入手できたことを特に誇りに思っています。 「時々、私たちは衝突することがあります。たとえば、今年最後の映画に出演しているクメイルはホラー映画のファンで、『ザ・シング』と『ディセント』の板挟みになっていました。そこで調べてみると、その前の週に「The Thing」がヌアートで演奏されていたため、利用できなかったのです。こうして『The Descent』が出来上がったのです。しかし、通常、私たちは非常に幸運でした。ほとんどの場合、私たちはフィルムを手に入れました。これまでに見つけるのが最も困難だったプリントは、1965 年のジョン・シュレジンジャー映画、マーガレット・チョーの「ダーリン」でした。それをうまく印刷するのは非常に困難でした。興味深かった。私たちはある種のハイブリッドを行いました。半分は印刷し、印刷物がなくなった部分はデジタルで作成しました。」ウェイン・フェダーマンに関して言えば、意志あるところに道はあります。

すでに第 5 回ウェイン・フェダーマン国際映画祭を見据えているフェダーマンは、「コメディアンはたくさんいますし、まだ獲得したいコメディアンもたくさんいます。コメディアンはたくさんいて、忙しいことが多いです。例を挙げてみましょう。このブロードウェイのショーをやっているラリー・デイヴィッドと話したところ、彼もそれをやりたいと話してくれましたが、彼は昨年忙しかったので、当然今はニューヨークにいるのです。」フェダーマンのコメディの希望リストには、数例を挙げると、クリス・ロック、ルイス・CK、ジャニーン・ガロファロも含まれています。 「今年か来年の5周年記念に、これの東海岸バージョンをやろうと思っています。」

第 4 回ウェイン・フェダーマン国際映画祭は、2015 年 3 月 5 日から 8 日まで、ロサンゼルスのノース フェアファックス 611 にあるシネファミリーで開催されます。チケットは 14 ドル、または無料の Cinefamily 会員です。フェスティバルの詳細、またはチケットの購入については、http://www.cinefamily.org/films/the-4th-annual-wayne-federman-international-film-festival にアクセスしてください。

ここでは、最近のリリース、インタビュー、将来のリリースやフェスティバルに関するニュースなどのレビューを見つけることができます。

続きを読みます

私たちに書いてください

あなたが良い笑いを探しているか、映画の歴史の世界に突入したいなら、これはあなたのための場所です

お問い合わせ